Hitachi

サイト名称 日立ハイテク

タイトル ドーズ量制御によるリチウムイオン電池セパレータ膜の低ダメージ観察
詳細リンク HTD-SEM-149
概要 リチウムイオン電池セパレータ膜はポリオレフィン製多孔質フィルムで、孔径や表面の微細構造が電池の性能に影響するため、それらの形態評価が重要です。SEM観察においては電子線照射に非常に弱いことが課題です。照射電圧50 Vで観察した無処理のセパレータ膜のSEM観察例です。複数のフレームを保存しておき、後からフレームを選択して積算することが可能なSerial Frame Capture(SFC)機能を使用して観察しました。
関連リンク(製品)
製品中分類 電界放出形走査電子顕微鏡(FE-SEM)
研究大分野 材料
研究中分野 ナノ材料・触媒・電池材料・複合材料・膜結晶
情報種別 テクニカルデータ/データシート
発行日 2021/04/13
お問い合わせ先 お問い合わせはこちら
No. HTD-SEM-149